トップはじめての在宅酸素療法 > 必要な費用は?

はじめての在宅酸素療法

HOTを受けるために必要な費用

HOTは保険診療科目なので診療費の一部を窓口負担する必要があります
HOTの診療費と自己負率

健康保険で(毎月の窓口負担だけで)基本的な診療や検査を受けることができ、酸素濃縮器や外出用酸素ボンベのレンタル、24時間サポート、定期メンテナンスなど色々なサービスを受けることができます。

患者さんの声

障害認定、公害認定、特定疾患認定等を受けている方は自己負担金が免除される場合があります。
基準は都道府県によって異なりますので、詳しくは各都道府県の相談窓口、またはかかりつけ医にご相談下さい。

実際に医療機関窓口でお支払いのときは、上記料金の他に診察代や処方代などがかかります。
医療費には身体障害者手帳による助成制度や老人保健法による給付などがありますので、主治医などにご相談して積極的にご利用ください。
酸素濃縮装置をご使用の方は電気代が別途かかります。地域によりが料金が異なりますので、担当支援会社にお聞きください。